原酒造の歴史

新潟県柏崎市は、16の海水浴場と刈羽三山に囲まれた自然豊かな町です。

原酒造が創業した文化11年(1814)、当時日本海に面した柏崎は北国街道の宿場町、そして北前船の要所として活気に溢れていました。

江戸時代後期から200年以上の長きに渡り、このふるさとに育まれ酒を醸し続けてきた原酒造。
日中国交正常化の折には記念晩餐会の乾杯酒に。
その後も代表銘柄「越の誉」をはじめ、数々の受賞を頂いてきました。

 


【鋳物師屋からの転身】

日本海に面し、江戸時代初期から製塩業が盛んだった柏崎。

原酒造の創始者である原幸太郎は、海水を煮るための鍋を作り、またそれの修理を請け負う鋳物師屋(いもじや)でした。屋号はその文字どおり「なべや」。現代に至ってもその屋号は酒蔵に刻まれた「な」の文字に受け継がれています。

「なべや」の嫡男として生まれた幸太郎でしたが、その家督を妹に譲り、心機一転の起業に踏み切ります。これが文化11年、原酒造店誕生の瞬間です。

港町で栄えた柏崎の地で原酒造店は順調に繁盛し、明治時代には柏崎を代表する銘醸へと成長。順風満帆な歩みに、その先に待ち受ける困難など誰も知る由無かったことでしょう。

 

 




【先人たちの決意】

明治44年、1911年に最初の窮地が訪れます。

それは柏崎で起こった大火災、柏崎大火。強い海風に煽られた炎は町を飲み込み、原酒造店の蔵までもを容赦無く焼き尽くしました。建物は全焼、重なるように取引銀行は破産。原酒造はそれまでに積み上げてきた全ての財産を失いました。

酒というものは得てして負の価値を持つもの。度重なる不幸に見舞われてもなお、本当に酒を醸し続けるのか…… 一度は廃業を考えたという当時の蔵元・四代目原吉郎。しかし葛藤の末、酒が人にもたらす喜びと慰めの価値を見出し、改めて酒造りの意義を知ります。

形ある財産を失っても、歴史が育んだ蔵人の精神と情熱は潰えることがなかったのです。

先人たちは奮起し原酒造を再興。威風堂々たる「東蔵」、36間もの長さを持つ「西蔵」を完成させ、その後、天皇陛下御巡幸の際には天覧の栄誉を賜りました。

蔵人たちは酒造りに心血を注ぎ、その味は高い評価とともに全国へと知れていくことになります。

 


【再び失われる蔵、試される不屈の精神】

しかし、原酒造に再び天災が降り懸かります。

まだ記憶に新しい2007年7月に発生した「中越沖地震」。柏崎市は震度7の地震によって甚大な被害を受け、それは歴史ある建物を多く有する原酒造も例外ではありませんでした。

先人が建て上げた「東蔵」「西蔵」は全壊。煙突は折れ、貯蔵タンクは瓦礫に埋もれ、社屋の七割が倒壊。明治時代以前の歴史資料の紛失。原酒造の築いてきたものはまたしても瓦解しました。

しかし、希望はありました。

生産設備、精米機、瓶詰め工場の被害は比較的軽微。

そして何より、この甚大な被害の中にあっても「社員全員が無事」だったのです。

もし震災が平日だったなら、冬場の仕込み期間であったなら、被害は免れなかったことでしょう。

瓦礫の山となってしまっても、原酒造は生きていました。

震災翌日から社員業者一丸となって復旧作業にあたり、割れた日本酒1万本の撤去、倒壊した土蔵のがれきから重機で酒の貯蔵タンクを救出。満足にとはいかずとも、二ヶ月半でなんとか通常業務ができる体制まで戻します。

一時は陸の孤島と化した、うだるような真夏の柏崎。

「こんな時でも、こんな時だからこそ、絶対に質の悪いものは出さない。」

原酒造の精神と情熱は、100年越しの現代に至ってもなお健在でした。

その後、新蔵である和醸蔵、蔵元直売所である酒彩館が完成し現在に至ります。

柏崎大火や中越沖地震の他にも中越地震など様々な災害や困難に遭い、その度に乗り越えてきた原酒造。社員たちは誇りを持って今日も酒造りに向き合っています。

【原酒造の受賞歴】

 



【施設紹介】

和醸蔵

“和の心を以って良酒を醸すべし”


越の誉が長年大切にしてきたそんな思いから名付けられた新蔵。
中越沖地震で倒壊した「東蔵」「西蔵」に代わり、平成20年に完成しました。
日が落ちると蔵壁面の「越の誉」が暖かな色のライトで優しく浮かび上がります。

 

 

酒彩館〜越の誉の直売店〜

平成22年にオープンした原酒造直売店。
地域限定酒・店舗限定酒など、原酒造のほぼ全アイテムが購入できるオフィシャルショップです。
入口では酒造りのシンボルの1つである大きな杉玉がみなさんをお出迎え。
試飲スペースでは「越の誉」をその場でお楽しみいただけます。

 


【恒例イベント】

新酒まつり

毎年、地域内外から3,000人以上の方にお越しいただく一大イベント。
その年の新米から最初に搾り上げたお酒を皆さまにお披露目するほか、酒蔵限定商品の販売や屋台コーナーなど、楽しい企画が盛り沢山。
大人の方はもちろん、お子様まで楽しめるお祭りです。

※毎秋開催(予定)。

 

江戸時代にはじまり、現代に続く酒造りの伝統と精神。

誇り高い歴史を受け継ぎながら、日本酒の新たなステージへ向かいます。